風景

アパートの修繕で状態を整えて生活を豊かに変える|キレイMYホーム

元の状態に戻す

ビル

アパートは色んな用途で使われます。住居として借りる人もいれば、オフィスや作業場として借りる人もおり千差万別です。しかしアパートは、いずれ離れてしまう可能性のある物です。その為、自分達が過ごしやすくする為や不注意で、破損や汚れを付けてしまう離れる際に家主とトラブルになる場合もあります。例えば、子供がいる家庭では落書きなどによって汚れが付いてしまう事もあります。またオフィスでは見栄えの為に部屋に大きな仕切り作る為に、壁や床に釘を指している事もあります。このように賃貸物件が借りた当初の状態からかけ離れている場合は、現状復帰工事を行う必要があります。賃貸物件を借りた際には、借りた当初の状態に戻す事が、賃貸契約で定められている場合がとても多くなっています。特に大きなオフィスを借りている場合や、店舗として使う物件を借りている場合は、ほとんど定められています。特に、借りた側の故意や過失などが原因で損耗や毀損がある場合は、原状回復義務の範囲とされています。その為、オフィスや店舗などで、元の状態から大きく変更してしまっている場合は、借りた当初の状態に戻す為に原状回復工事を行わなければいけません。原状回復工事を行う際は主に、内装解体工事・スケルトン工事・廃棄物処理などの工事を行います。原状回復工事は、どの程度まで設置物の撤去や破損部分の修復を行うべきなのかを家主や、修繕工事業者と相談しながら行う必要があります。現状復帰や修繕を専門としている業者は沢山あるので、評判を踏まえて絞り込むことが必要です。

床を中心にキレイにする

ビル

原状回復工事で必要なのが、床の修繕となっています。張り替えの作業が必要になってくるので、専門の業者に相談をしてもらい作業を進めておくと良いでしょう。床の状態によって修繕の費用は変わります。

View Detail

故意の有無で負担が決まる

作業員

賃貸物件を退去するという場合は、次の入居者が快適に生活を始められるように原状回復工事を行なう必要が出てきます。また、たばこのヤニの汚れやペットによる傷で住民が負担するというケースも珍しくありません。

View Detail

生活による傷みを回復する

案内

原状回復工事では、通常の生活で発生した傷みを中心に修繕作業を進めて行きます。壁や床など多くの場所で劣化は発生しますが、進みすぎてしまうことによって費用も高めになってしまうこともあります。

View Detail