作業員

アパートの修繕で状態を整えて生活を豊かに変える|キレイMYホーム

生活による傷みを回復する

案内

原状回復工事を行う義務が生じるかどうかは、通常消耗とされるかどうかが大きな判断基準になっています。通常消耗とは、文字通り通常の生活で消耗する事です。例えば、壁に使用した画鋲の跡や、災害によるガラスの破損などは、通常の生活で消耗する事と判断されやすいと言えます。ただし注意しておきたいのが、通常消耗だと思っていた事が、通常よりも大きな消耗をしていると判断されるケースです。特に行なってしまいがちなのが、壁に釘やネジで穴をあける事です。これらは、下地ボードの張り替えが必要になる事が多いので、通常よりも大きい消耗と判断されやすいのです。また震災以後使用される事が多くなった、地震対策グッズを設置する際に使用した金具等の跡も通常消耗に含まれにくいので、理解して設置を行うようにしましょう。これらは、原状回復工事を行う義務が生じる傷なので、あまり付けないように心掛けておく必要があります。また原状回復工事は、引っ越しをする際に部屋を傷つけた場合にも生じる場合があります。原状回復工事の義務を負わない為には、最後まで綺麗に使用すると言う意識を忘れないようにする必要があると言えます。また、退去する場合は、不動産業者によって査定を勧められています。長い年数に渡って生活をしていたという場合はその分だけ劣化も進んでいます。このような点を踏まえて住民から敷金の差し引きや請求の対称となるのかについて考えておく必要があります。