作業員

アパートの修繕で状態を整えて生活を豊かに変える|キレイMYホーム

床を中心にキレイにする

ビル

オフィスや店舗などは、住居の場合よりも多くの人が出入りするケースが多い所です。人が出入りする際に、最も傷や汚れが付きやすい場所の1つが床です。原状回復工事を行う際には、まずこの床の傷や汚れが気になるポイントの1つです。床を綺麗にする方法はいくつかありますが、比較的綺麗な場合やカーペットなどを敷いていて直接使用していない場合は、清掃やクリーニングを行うだけで充分元通りに出来る事もあります。しかし傷や汚れなどがある程度付いている場合は、床材を張り替えてしまう方が早い時もあります。床材を張り替える場合には、クッションフロアやフロアタイル、カーペットなどがよく使われる床材です。また傷や汚れが一部だけの場合は、床材によって一部張り替えを行うだけで原状回復工事を行える場合もあります。特にフローリングの場合は、板目に沿って一枚ずつ貼っていく場合が多いので、一部だけ張り替えを行いやすい床材の1つと言えます。原状回復工事を行う際は、まず最初に床の傷や汚れを確認しておく必要があります。その為には、原状回復工事を行う前に落とせる汚れを全て落としておきましょう。また原状回復工事は、通常消耗で付く傷については行う必要がないとされる事も多いので、大きな傷がなければ行う必要がない場合もあります。床材によって耐久性は変わっていくので、それぞれの性質や予算に合わせて選んでおく必要があります。事前に価格について見積もっておくことによって、納得のいくプランなのか事前に見極められます。